コラーゲン食品はエイジングに効果があるのか徹底検証!

さまざまな噂が飛び交うコラーゲン食品の真実は?

 

コラーゲンはお肌がぷるぷるになる、美容に良い、と言われている半面、コラーゲンを摂っても効果はない、女性にだけ必要な成分など情報が錯乱しています。

 

コラーゲンって本当のところ、どうなんでしょうか?

 

このサイトではコラーゲンの研究に基づいてコラーゲン食品の真実に迫っていきます。

 

結果論から先に述べますと、コラーゲン食品を摂る事によって肌などの美容効果はもちろん、骨や関節、身体の健康なども支えてくれると言えます。

 

 

コラーゲン食品が体内にしっかりと吸収され、働くことがわかった研究

 

コラーゲンはたんぱく質の一種で、たんぱく質は体内に取り込むとアミノ酸に分解されてしまう事からコラーゲンも分解され、細胞に届く前に消えてしまうなどと言われていました。

 

しかし、ここ10年で研究が進み、コラーゲンペプチドが骨や肌などの細胞レベルまで到達することがわかったのです。

 

コラーゲンペプチドとは、コラーゲンを短く分解し、体内で吸収されやすいものとして造られたものです。
(※コラーゲン食品の大半はこのコラーゲンペプチドを使っています)

 

ペプチドをラットに食べさせた研究で明らかになった

 

ペプチドをラットに食べさせO(ヒドロキシプロリン)というコラーゲン特有のアミノ酸を含んだペプチドがどこまで運ばれるのかを調査しました。

 

その結果、骨・関節・皮膚に運ばれている事が確認でき、そのペプチドは「細胞レベル」まで届けられていました。

 

人間においても同じように、血中に溶け込んだペプチドは血流にのってカラダの各部位の細胞まで運ばれていくと考えられています。

 

コラーゲンペプチドを1日5g、4週間以上続けた時の肌状態を調べる研究では…

 

最近の研究で、コラーゲンペプチドを1日5g、4週間以上続けた時の肌状態の変化を調査するものが行われました。

 

その結果、肌の水分量の増加と肌の弾力性が向上する事が明らかになったのです。

 

実際にコラーゲン食品を飲み始めてから肌やカラダの変化を感じたという方はいたのですが、テレビなどで「そんなのは嘘、気のせいです」といった情報が流れていました。

 

ですが、それらが気のせいではないことが今、様々な研究を通して明らかになっているのです。

良いコラーゲン食品を見分けることが大切

 

しかしどのコラーゲン食品も良いというわけではなく、中には分解の仕方が雑で体内に吸収出来にくいものや、出来ても体内でちゃんと役割を果たさなかったりするものもあります。

 

良いコラーゲンペプチドの条件は、「身体に機能するペプチドがきちんと身体に吸収され、目標の細胞に到着すること」なんです。

 

それは原料や分子量は大きな差にならず、酵素分解のしかたなど製法の違いが大きなポイントになってきます。

 

 

良いコラーゲン食品を選ぶうえでのチェックポイント
  • 会社案内や商品説明は丁寧か
  • トレーサビリティ(流通)はしっかりしているか
  • 原料調達、研究開発、生産まで一貫して行っているか
  • 薬でないのに「病気が治る」といった誇大広告はないか

 

ちなみに私が信頼しているコラーゲン食品は「ニッタバイオラボ(新田ゼラチン)」のコラーゲン食品です。

 

新田ゼラチンは1918年の創業以来、常にコラーゲンに関わってきた先進企業で、コラーゲンペプチドの持つ機能性を長年研究してきた会社です。

 

メディアで広告を出すことがないので聞き慣れない方も多いそうですが、日本で使われているゼラチンの6割を生産している会社です。

 

 

コラーゲンペプチドは製法によって無限に種類があります。

 

その中でもニッタバイオラボのコラーゲンは独自の特許技術をもった製法で、体内で高機能を発揮するアミノ酸「PO」と「OG」を体内で多く出現させるペプチドを開発したのです。

 

美肌への効果以外にも筋肉量を保ったり、生活習慣病予防、骨や関節、髪のツヤ、爪のデコボコを綺麗にするなど、さまざまな効果を期待できます。

 

新田ゼラチンの特許コラーゲンには粉末タイプとゼリータイプがあり、どちらも効果は同じです。

 

粉末タイプはリーズナブルにコラーゲン摂取したい方におススメです。

新田ゼラチンのコラーゲン・粉末タイプの詳細はこちら

 

ゼリータイプは手軽に摂取したい方やデザート感覚で食べたい方におススメです。

新田ゼラチンのコラーゲン・ゼリータイプの詳細はこちら

管理人はニッタバイオラボのコラーゲンを飲んでいます!